メンエス同志ランディさんからドS巨乳セラピの体験談を頂きました。

それでは、どうぞ。

(同士レポート)
こんにちは、ランディです。

今回の記事はドSな巨乳セラピにいじめられたいドMな紳士におすすめです。初回は我慢して、通うほどに発展していくのが好きな方にはたまらんパターンですね。

■お店の特徴
場所:武蔵小杉
部屋:マンション個室
予約:電話もしくはLINE
料金:ショートコースでOP無しならリーズナブル
衣装:OPでベビードール 

■今回のセラピ
20代後半くらいに見えましたがアラサーとのこと。プロフィールの写真は巻き髪でギャルっぽいですが、
実際は実はエッチな真面目教師みたいな感じでした。

スタイルはかなり良く、巨乳でお尻もプリプリでした。肌も白くしっとりした肌質はかなり気持ち良いです。

自分でも言ってましたがドSとのことで、M男くんをいじめるのが好きとのこと。ただ、話し口調は優しく丁寧なので嫌な感じはしません。

■施術内容
タイトルにもあるように2回目ルールで、回数を重ねるごとに発展すると思います。

1回目の訪問は結論から言うと、抜き無しです。ジュニアに直接触る事もありませんでした。T紙パンツ着用でずらしたり、ましてや脱いでしまうこともできません。

こちらから攻めると怒られそうな感じで、大人しく施術を受けて、気に入られる必要があると思います。

とは言え、1回目も大人しくしてたら、生足ひざ枕、手のひらに土手のせ、おっぱいスタンプなどはありましたので、最低限楽しめます。

発展系がお好きでしたら、1回目は大人しくして、会話を楽しみましょう。見た目も雰囲気もエロさはありますし、清潔感もあり、話口調は嫌味がなく、心地良いです。

私も本来、1回目不発ですと、2回目の訪問はしないのですが、発展する雰囲気を感じまして、今回2回目の訪問をしてきました。

2回目の訪問をセラピは喜んでくれました。前回大人しくしてたので好印象だったのかもしれません。

1回目では無かった、私物だと言う衣装チェンジも紹介されました。気に入ってもらえるように衣装チェンジのオプションを付けました。下着の上にスケスケのシャツと言う衣装を選びました。

マッサージは仰向けでのストレッチから始まります。本業エステシャンとのことでしたが、おじさんの私には少々弱めに感じました。

でも、しっとり肌が密着するのは気持ちの良いものです。うつ伏せで生足ひざ枕はマッサージよりもその感触を楽しみましょう。

手を背中に回して肩周りをマッサージしてくれるのですが、その際に手のひらの上に土手を乗っけてくれたりします。

ストレッチとドライマッサージが終わるとオイルがドバドバ投入されます。

カエル足でのマッサージではカエル足の下にセラピの足を差し込んで、高さを作ります。つまりはジュニアの周りに広い空間ができるわけですね。

前回は紙パンツ越しにかする程度でしたが、今回はなんと紙パンツをお尻側から根本くらいまでずらされ、タマや根本までは触ってきます。前回は無かった展開にすっかり元気にw

「もうすごい元気だね」なんてドSセラピにイジられます。ドMなおじさんにはたまらない展開です。

仰向けになりますと、お楽しみのおっぱいスタンプからの顔面騎乗がきました!前回は土手が目の前にくるだけでスタンプはありませんでした。

思わず下着越しにパクパクしちゃいます。セラピも「アン」といい声出してくれます。

ぐっと押し付けて来るので、頑張って口でじわじわ下着をズラして念願のクンニ「美味しい?」なんて聞かれて、おじさんは「美味しいです!」w

その後、再度おっぱいスタンプきましたが、下着ズラしてくれてます!形もよく綺麗な乳首をしゃぶりたおします。

最後はついに紙パンツずらされてジュニア全開からの手コキでフィニッシュでした。「いっぱいでたね、溜まってたの?」なんて言われてお恥ずかしい限りです。

ちなみにINを交渉してみましたが、「まだダメー」とのこと。雰囲気的に次回あるかもしれないと思い、自重しました。

自分から攻めたい殿方には向かないと思いますが、全て受け身でドSセラピに攻められたいドMな紳士にはピッタリかと思います。初回スッキリできなくても2回目、3回目と通って育てていくのが好きな方にはおすすめできるセラピでした。
(同士レポートここまで)

Twitterに写真をたくさんアップしてますが、おっぱいも大きくクビレもありスタイル抜群ですね。雰囲気的にもドSという感じです。

再訪すると、おっぱい舐めやクンニも出来ますが、基本的にドSなセラピストに焦らされ、言葉責めもされたいドMの紳士さん向きです。本来のメンズエステはこちらが主流でしたので、そのような施術を求めている方におすすめです。

シークレット記事に店名と嬢名を記載しています。

㊙シークレット記事を読みたい方はこちら㊙



IMG_5003