Twitterがシャドウバンになってしまい、なかなか解除されないので、小ネタ的なものもツイートではなくブログに投稿します。

(引用ここから)
とにかく誰とも喋りたくなかった。
言葉を交わしたり、コミニケーションをとりたくない。
めんどくさい。
そんな日だった。
 
しかし下半身は私のそんな気持ちとは裏腹に会話以上のコミニケーションを求めていた。
「勘弁してくれよ…」
とマクドナルドのポテトをほおばりながらiPhoneをいじる。

ふと思いつく、女性用風俗の存在を。
 
お金を払ってクンニだけしてもらい、そのまま帰ってもらえば良い。
お金を払っているんだし、余計な会話も必要ないだろう。
面倒な待ち合わせ等のやり取りも不要、自分が出向くこともない、家に呼んでしまえば良いのだ。
 
私はすぐさま、サーチボックスに入力していた。
少し前まで心の中では軽蔑していた「女性用風俗」と…。
予約はスムーズだった。
では〇〇分後には到着いたしますので、と連絡が来た。
 
私は驚く位冷静だった。
ドキドキなんてなかった。
今まで女性用風俗の利用レポ漫画などを見てみると、みんなとてつもない緊張していたけど、私の場合は違った。
 
どちらかと言うと、膣をなだめる方が大変だった。
「ごめんね、もうすぐ来るから…」

ピンポーン

来た。

正直全然タイプじゃなかったけど、別にそんなことどうだって良い、重要なのは舌だからだ。
適当にカウンセリングされ、シャワーと歯磨きをお願いされる。
 
きっと、相手が来る前にどちらも済ませていたのは私だけじゃないはず。
ははは、風俗に行く男の気持ちをご堪能!

シャワーから出ると、下着などはつけずにベッドに横になるよう指示された。
私はアロマオイルでのマッサージもお願いしていたので、うつぶせになり、始まるのを待っていた。

彼がマッサージを始めようとした瞬間、私は1つの疑問が頭に浮かび、すぐさま声に出してしまった。 

「え、タオルとかしかないのですか。」 
 
彼は少し焦りながら
「すみません、実はタオルを忘れてしまったので、借りてもいいでしょうか」と返した。
自宅のバスタオルを敷き、マッサージが開始された。

マッサージの時間中に、私の頭の中を占めていた事は

"おい、このタオル1枚で足りるんか"

これだけだった。
悲しいことに。
自分のベッドシーツがオイルまみれになることが嫌でたまらなく、相手が動くたびに気になってマッサージどころじゃない。
 
あー、最悪だ。
 
こんなことならオイルなんて頼まなければよかった。もうそれ以外何も考えられない。
どこを触られているのかわからない、辛い。
 
シーツなんて洗えばいいじゃない。
なぜこんなことで気が散るのだ。
器の小さい女だ私は…。

オイルマッサージがそろそろ終わる。
相手の顔が私の股間に近づく… .

彼の舌が、私のクリトリスに触れた瞬間、
「あ、違う」と思った。
技術的にも、雰囲気的にも違った。
 
例えるなら納豆に牛乳。
雨の日のバーベキュー。
絶対に着ない色。

嫌だけど、やれと言われたらできないこともない。
そんな感じ。

この違和感はオイルのせい?
いや違う。
思い返せば、今日は全てがうまくいかない日だった。
仙台へ旅立っておけば、こんなことにならなかったのか。
クンニ中に思いを馳せる。 

クンニもほどほどに、指を入れられたが、笑っちゃうくらい興奮しなかった。
何も気持ちよくない。
無の境地いた。
 
「もう、満足しました」
精一杯の嘘だった。
 
 彼は「あと15分ぐらい残っているけれど、何かしたいことある?」と聞いてくれた。

私は答えた
「大丈夫、何もしたくないです。横になっていたいです。」

真っ暗でよかった、この涙を見られなくて済んだから。

彼を見送り、ため息をつきながら腰を上げ、シーツを洗った。

おわり 
(引用ここまで)























読んだ方々の感想
IMG_6378




関連記事
ソープ貸切720分コースの詳細レポート



【10輪車】高級ソープに石油王が来店し、11Pを楽しむ→サッカーチーム出来ると話題に






【恐怖】高級ソープ嬢に◯◯の死体が送られる【誹謗中傷】

ソープ嬢がガチ恋客に手作りチョコを作ったら






メンエス摘発で客は逮捕されるのか?セラピストは?【メンズエステ摘発】


【悲報】交縁デビューするも、、、



◯◯をDMするだけで5000円プレゼント


 

摘発され閉店した麻布十番スパマリアームが復活



【メンエス摘発】摘発された新宿インフィニティスパ、既に新店舗がオープンしていた