3月、成城学園前の「なちゅらりあ」というメンエス店が摘発されました。

いつものように、風営法違反で経営者の名前が報道されましたが、同時に26歳のセラピストが逮捕されたと実名で報道されました。

多数の報道機関が記事を出してますが、その中でもセラピストさんは「行為中」の逮捕、かつ、本人も容疑を認めているということでした。
(セラピの実名が載っているので、リンクは貼りません)

しかし、4月9日のニュースで、そのセラピストが不起訴処分になったと報道されました。

IMG_1040



以前、風営法に詳しい弁護士さんのコラムを引用して記事を書きましたが、全くこの通りになりました。
メンエス摘発で客は逮捕されるのか?セラピストは?【メンズエステ摘発】



セラピストは稀に逮捕されることもあるが、ほぼ不起訴になるというのは本当のようです。


この話題をポストしたところ、こんな意見が出てきました。



今回は、不起訴になったと言う報道がされただけでも良かったと思いますが、ザギンが大々的に摘発されたと報道されたのにもかかわらず、おそらく不起訴になったのに、不起訴になったという報道が全くないです。
摘発されたザギンが再オープン、新店舗名は◯◯◯



起訴できる見込みがないのに、警察は見せしめで逮捕しているのですかね?
非常に疑問の残る警察の対応です。

セラピストが逮捕されて起訴できるのは、このようなケースだけでしょうか?
セラピストが逮捕され起訴された事件


美人局に加担したら、逮捕され起訴されるのは当然でしょう。


今回逮捕された「なちゅらりあ」のセラピストさんは、もう二度とメンズエステには関わりたくないと思っているかもしれませんし、メンタルが強ければ、またセラピストを再開するかもしれません。
どちらでしょう。


関連記事



 

摘発され閉店した麻布十番スパマリアームが復活



【メンエス摘発】摘発された新宿インフィニティスパ、既に新店舗がオープンしていた





人気記事を知りたい方はこちら